文字のサイズ
色変更
白
黒
青

イベント&プログラム

イベント&プログラム

印刷用ページ

植物をめぐる7つのお話 其の七 素材と造形・命の繋がりを求めて 講師:青木美歌(美術家)
  • 開催日
    2018年3月17日(土)
  • 時間
    13:30~16:30
  • 対象
    中学生から一般(要事前申し込み)
  • 定員
    50名
  • 会場
    大分県立美術館 2階 アトリエ
  • 参加費
    無料
  • 募集期間
    2017年10月1日(日) ~ 2018年3月14日(水)
  • 申込み方法
    希望する講座名(複数可)、氏名(ふりがな)、年齢、郵便番号、住所、電話番号(必須)を記入の上、往復はがき、または右下の申込フォームよりお申し込みください。
    定員に達し次第、こちらのページで受付終了をお知らせします。

時差9時間。成功するのか?! OPAM初の海外生中継☆☆☆
ガラス彫刻をつくる美術家・青木美歌がアイスランドから植物の命をお届けします。

休憩を含めて3時間のワークショップ・レクチャー。ただ話を聞くだけじゃなく、映像を交えることや、時には素材に触ったり、海の向こうからの便りだったり。実物資料満載で行うワークショップ形式のレクチャーです。

其の七 素材と造形・命の繋がりを求めて
青木美歌さんは、植物の花粉が受粉した瞬間や植物の細胞、粘菌、ウイルスなどをモチーフに、ガラス彫刻を制作をしています。そして2017年9月より、海の向こう、アイスランドで制作を始めました。今回の「“植物”をめぐる7つのお話」最終回は、アイスランドに渡ってから6か月間の草花の変化をビデオレター形式で、さらにOPAM初・時差9時間のスカイプを使ったワークショップ・レクチャーを行います。



講師:青木美歌/美術家
目に見えない「生命の在り様」をテーマに作品を制作。近年の個展では植物のライフサイクルをモチーフに、目に見えない生命の「繋がり」を表現している。アイスランド在住。