文字のサイズ
色変更
白
黒
青

イベント&プログラム

イベント&プログラム

印刷用ページ

【満員御礼】色をめぐる7つのお話 
其の五「3時間で語れるか?シリーズ “色の博物誌”をめぐって」 講師:降旗千賀子(目黒区美術館 学芸主査)
  • 開催日
    2018年12月22日(土)
  • 時間
    13:30~16:30
  • 対象
    中学生から一般(要事前申し込み)
  • 定員
    50名
  • 会場
    大分県立美術館 2階 アトリエ
  • 参加費
    無料
  • 募集期間
    2018年7月13日(金) ~ 11月4日(日)
  • 申込み方法
    希望する講座名(複数可)、氏名(ふりがな)、年齢、郵便番号、住所、電話番号(必須)を記入の上、往復はがき、FAX、または右下の申込フォームよりお申し込みください。
    定員に達し次第、こちらのページで受付終了をお知らせします。

    [申し込み先]
    大分県立美術館 教育普及グループ 
    〒870-0036 大分市寿町2番1号
    FAX:097-533-4530

色のお話、いっぱい。時間延長するかも知れません。

休憩を含めて3時間のワークショップ・レクチャー。身のまわりの色、生活の色、歴史の色、文化の色、いろいろな色の話を聞く、ワークショップ形式のレクチャーです。

☆定員に達したため、申し込みを締め切りました

其の五 3時間で語れるか?シリーズ ”色の博物誌“をめぐって

色と人の関係を、色材文化として研究し「色の博物誌展」シリーズを企画してきた降旗千賀子さん。2016年には「江戸時代の色材を視る・読む」を開催、江戸時代の色材について紹介しました。これらの展覧会とワークショップを豊富な画像で振り返り、あまり知られていないユニークな色材の世界について伺います。


講師:降旗千賀子(目黒区美術館 学芸主査)
美術を素材や原料から視るための「画材と素材の引き出し博物館」を美術館ツールとして企画、『色の博物誌』というシリーズの展覧会とワークショップに発展させた。これまでには「青-永遠なる魅力」「赤-神秘の謎解き」「白と黒-静かな光の余韻」「緑-豊潤な影」「黄色-地の力&空(くう)の光」を企画し、2016年には「色の博物誌ー江戸の色材を視る・読む」を開催した。