文字のサイズ
色変更
白
黒
青

Exhibitions

Exhibitions

印刷用ページ

ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン侯爵家の至宝展

ペーテル・パウル・ルーベンス(1577-1640)《ペルセウスとアンドロメダ》、1622年以降
©LIECHTENSTEIN. The Princely Collections, Vaduz-Vienna

リヒテンシュタイン侯爵家は、500年以上にわたってヨーロッパ美術の名品を収集してきました。その数は3万点におよび、英国王室に次ぐ世界最大級の個人コレクションとして世界的名声を博しています。本展覧会では、北方ルネサンス、バロック、ロココ時代の絵画約65点と、ヨーロッパの王族や貴族の趣味が色濃く反映された磁器の名品などを多数展示し、優雅な宮廷文化を紹介します。

〔後援〕オーストリア大使館、在日スイス大使館、日本リヒテンシュタイン協会
〔協賛〕ライブアートブックス