文字のサイズ
色変更
白
黒
青

Exhibitions

Exhibitions

印刷用ページ

今後の展覧会

2020コレクション展Ⅰ「美の宝、大分」

Collection ExhibitionⅥ Treasures of Beauty, Oita

大分県立美術館は2015年の開館以来、大分県出身作家を中心とした約5,000点にのぼる美術作品や資料を保管しながら、コレクション展や企画展等を通じてその魅力を広く国内外に向けて発信してきました。
開館5周年第1弾のコレクション展となる本展では、田能村竹田、福田平八郎や髙山辰雄、生野祥雲齋など本県出身の巨匠たちからロダンやピカソ、シャガールなどの海外の著名作家まで、そのコレクションの頂点をなす選りすぐりの名品を一堂に公開します。大分の豊かな自然と文化に育まれた作品群から国内外の美術の魅力を伝える優品の数々、一度は観てみたい大分の名宝をこの機会にぜひご堪能ください。

Period
会期:令和2年4月10日(金)~6月2日(火)前期:4月10日(金)~5月12日(火)/後期:5月14日(木)~6月2日(火)
Venue
大分県立美術館 3階 コレクション展示室

坂茂建築展

仮設住宅から美術館まで

【世界が注目する日本人建築家 坂 茂氏の大型個展】
大分県立美術館の開館5周年を記念し、同館の設計 者で、プリツカー賞受賞者の坂 茂氏の展覧会を開催 します。坂氏が手がけた美術館やコンサートホールなどの数々の建築物から被災地支援の活動まで、その取り組みの全貌を紹介。大分県立美術館の建物の特性をフルに活用し、坂氏が設計にあたりコンセプトの 柱においた「街に開かれた縁側としての美術館」を体感いただける機会となります。

Period
2020年4月24日(金) ~ 6月21日(日)
Venue
大分県立美術館1階展示室A、アトリウム

More details

大分県立美術館 開館5周年記念事業 相田みつを全貌展 

~いのちの尊さ ことばのチカラ~

「にんげんだもの」1980年 *前期展示(6/5~7/5)

東京・丸の内の相田みつを美術館がまるごと大分へ!
相田みつを美術館はこの夏、東京五輪競技会場の関係で臨時休館となります。その
為、美術館の門外不出作品がごっそり大分で引っ越し展示されます。相田みつを(書
家・詩人、1924-1991)の過去に例のない特別展を最大規模で開催。代表作「にん
げんだもの」「道」「ただいるだけで」などのほか、初期の習作から晩年の作品まで
約250点の作品を通して相田みつをの世界をご覧いただけます。

Period
2020年6月5日(金)~8月10日(月・祝)        【前期:6月5日(金)~7月5日(日)】          【後期:7月9日(木)~8月10日(月・祝)】
Venue
3階 展示室B

More details