文字のサイズ
色変更
白
黒
青

ボランティア

印刷用ページ

OPAMサポーターについて

活動紹介

 OPAMサポーターは、大分県立美術館が平成27年4月に開館した当初より実施している活動です。目的は、美術館と利用者をつなぐかけ橋として活動するとともに、県民の美術文化への参画の場の提供、美術館実施事業の円滑な運営へのサポートをすることにあります。現在は、100名以上が登録し、さまざまな分野で意欲的な活動をしています。 

新規OPAMサポーター発表

サポーターのご応募、ありがとうございました。新規OPAMサポーターの募集は締め切りました。

2017-2019 OPAMサポーターのグループ発表です。PDFデータをご覧ください。
 
※兼任の学芸グループは「虫トラップ」と「ガイド」の両方にご参加いただけます。(参加自由)
※兼任の広報グループは発送作業以外の活動日にもご参加いただけます。活動内容は3月末にこちらのページにて掲載いたします。(参加自由)
※ご質問のあるかたは、次のメールまでお問い合わせください。 tokuda@opam.jp

「全体研修」ミュージアムショップ解説の様子 「図書グループ」書籍ラミネートの様子
「全体研修」ミュージアムショップ解説の様子 「図書グループ」書籍ラミネートの様子
「ワークショップグループ」作業風景 「広報グループ」展覧会案内の発送作業風景
「ワークショップグループ」作業風景 「広報グループ」展覧会案内の発送作業風景
「ギャラリーグループ」展示室にて
※29年度4月より「学芸グループ」に名称変更 ギャラリー解説は予定していません。 「館内ガイド」ギャラリーグループによるガイド活動
「ギャラリーグループ」展示室にて
※29年度4月より「学芸グループ」に名称変更 ギャラリー解説は予定していません。
「館内ガイド」ギャラリーグループによるガイド活動
活動内容について

学芸グループ】
   美術館環境管理にかかる作業(IPM)
   館内ガイド
教育普及グループ】 
   ワークショップ
   顔料製作
図書グループ
   図書整理
広報グループ
   展覧会案内の発送作業
   広報資料等の整理