Exhibitions

2019 コレクション展Ⅰ「没後10年 岩澤重夫に捧ぐ ―自然との対話」

 日田市に生まれた日本画家・岩澤重夫(1927-2009)は、京都市立美術専門学校卒業後、京都画壇の巨匠・堂本印象に師事し、日展を主な作品発表の場として活躍しました。画業の初期より、一貫して風景画の新たな可能性を探る創作活動を続け、心に響く風景との出会いを求めて全国各地を巡りながらスケッチを重ねました。大自然の雄大な景観や、四季折々の光景をみずみずしい感覚でとらえたその作品は、今日もなお多くの人々を魅了しています。
 今回のコレクション展Ⅰでは、岩澤の没後10年を記念してその画業を振り返るとともに、所蔵品の中から様々な手法で自然をとらえた個性的な作品の数々を精選して紹介します。

Period
2019年4月5日(金)~6月4日(火)
Venue
3階 コレクション展示室

More details

竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション メトロポリタン美術館所蔵 

Japanese Bamboo Art From New York: The Abbey Collection Gifts to The Metropolitan Museum of Art

世界屈指の美の殿堂、メトロポリタン美術館。本展は、このメトロポリタン美術館で2017年から翌年にかけて開催された「日本の竹工芸:アビー・コレクション」展の世界巡回展として、高名な美術コレクター、アビー夫妻が収集した竹工芸をご紹介するものです。竹工芸で初めて人間国宝に認定された大分の生野祥雲斎の他、初代早川尚古斎、初代田辺竹雲斎、飯塚琅玕斎ら、日本の竹工芸の歴史を彩る代表的作家の名品が揃います。人間国宝6人を含む44作家による75件で構成されるアビー・コレクションは日本初公開。明治期の伝統的な花籠から現代の斬新な作品まで、竹の造形の多様な表現と可能性をお楽しみください。

Period
2019年5月18日(土)~6月30日(日)
Venue
3階 展示室B

More details

© 2015 Oita Prefecture, All rights reserved.