ボランティア

OPAMサポーターについて

活動紹介

OPAMサポーターは、大分県立美術館が平成27年4月に開館した当初より実施している活動です。美術館と利用者をつなぐかけ橋として活動するとともに、県民の美術文化への参画の場の提供、美術館実施事業の円滑な運営へのサポートをし、さまざまな分野で意欲的な活動をしています。 

OPAMサポーター活動日のお知らせ

    【お知らせ】
           ①教育普及グループ「顔料制作」の活動について
       教育普及グループの「顔料制作」は、グループの所属問わず全てのサポーター対象ですので、
            お気軽にご参加ください。
   


【全体研修】

     イサム・ノグチ展 ギャラリートーク
  日時:1月18日(木) 14:00~
  場所:1階 展示室A 券売前広場集合

    全体研修についてのご意見・ご質問は徳田までお願いいたします。  tokuda@opam.jp

【学芸】
  12
  日時:①12月11日 (月)13:00~  ②11月25日 (月)13:00~   
  内容:①虫トラップ   ②コレクション展
  場所:①サポーター室1 ②3階 コレクション展示室


【広報】
  12月
  日時:①12月14日 (木)13:00~ 
  内容:①イサム・ノグチ展 チラシの館外配布作業 ※要帽子
  場所:サポーター室1集合


【図書(平日)】 
  12月
  日時:①12月14日(木)10:00~12:00    ②12月21日(木)10:00~12:00 
  内容:図書資料の分類、移動、並べ替え
  場所:研究資料室 

【教育普及】
  12月
  
教育普及サポーター活動
  日時:12月21日(木) 14:00~16:00
  場所:2階アトリエ 
  ※汚れても良い格好でお越し下さい。 
  参加希望の方は榎本まで事前連絡をください。
  
担当:榎本 enomoto@opam.jp 

  顔料制作
  日時:①12月11日(月)13:30~15:30 ②12月20日(水)13:30~15:30   ③12月25日(月)13:30~15:30 
  場所:はじめての人は美術館2階情報コーナーに集合 木村と一緒に顔料作業の部屋に移動します。
  持ち物:マスク、エプロン、軍手
  対象:顔料制作を希望するサポーター(全てのグループ対象です)
  参加希望の方は木村まで事前連絡をください。 
  担当:木村 kimura
@opam.jp 


   ※サポーター室1をご利用の方は、美術館西側守衛室横の入口よりお入りください。
   ※アトリエご利用の方は、美術館のメインエントランスよりお入りください。
   ※美術館の駐車場ご利用の方は、1回の活動につき3時間の駐車券を月4枚までお渡しします。



 ご質問のあるかたは、メールまたはお電話でお問い合わせください。 
 メール:tokuda@opam.jp 電話:097-533-4500(担当:徳田)


 

「全体研修」ミュージアムショップ解説の様子 「図書グループ」書籍ラミネートの様子
「全体研修」ミュージアムショップ解説の様子 「図書グループ」書籍ラミネートの様子
「教育普及」作業風景 「広報グループ」展覧会案内の発送作業風景
「教育普及」作業風景 「広報グループ」展覧会案内の発送作業風景
「学芸グループ」展示室にて学芸員の解説を受ける様子 「館内ガイド」学芸グループのメンバーによるガイド活動
「学芸グループ」展示室にて学芸員の解説を受ける様子 「館内ガイド」学芸グループのメンバーによるガイド活動
「全体研修」国民文化祭についての講話(9月) 「全体研修」大分県美術展についての講話(9月)
「全体研修」国民文化祭についての講話(9月) 「全体研修」大分県美術展についての講話(9月)
活動内容について

学芸グループ】
   美術館環境管理にかかる作業(IPM)
   館内ガイド
   ギャラリー解説
教育普及グループ】 
   ワークショップ
   顔料製作
   蔵書整理
図書グループ
   図書整理
広報グループ
   展覧会案内の発送作業
   広報資料等の整理

【サポーターの募集について】
新規OPAMサポーターの募集は現在行っておりません。
サポーターの活動内容や次期サポーターにご興味のある方は美術館にご連絡ください。 

© 2015 Oita Prefecture, All rights reserved.