ボランティア

OPAMサポーターについて

活動紹介

 OPAMサポーターは、大分県立美術館が平成27年4月に開館した当初より実施している活動です。美術館と利用者をつなぐかけ橋として活動するとともに、県民の美術文化への参画の場の提供、美術館実施事業の円滑な運営へのサポートをし、さまざまな分野で意欲的な活動をしています。 

OPAMサポーター4月活動日のお知らせ

【学芸】
  日時:①4月10日(月)13:00~16:00  (虫トラップ終了後15:00まで休憩)
     ②4月24日(月)13:00~
  内容:①オリエンテーション・虫トラップ作業・IPM講習 
      ※15:00からIPMの講習をしますので、都合の良い方は参加してください。
     ②3階に集合して下さい。学芸員が展示の案内を行います。
  場所:サポーター室1

【広報】
  日時:①4月6日 (木)13:00~  ②4月20日(木)13:00~
  内容:①オリエンテーション・ミーティング ②ポスターのカット作業・掲載雑誌等整理 
      ※内容は変わることがあります
  場所:サポーター室1

【図書平日班】
  日時:4月20日(木)10:00~12:00
  内容:オリエンテーション ・図書整理
  場所:サポーター室1 オリエンテーション後、研究資料室に移動

【図書土日班】
  日時:4月22日(土)10:00~12:00
  内容:オリエンテーション ・入力作業
  場所:サポーター室1 オリエンテーション後、研究資料室に移動

【教育普及】
  日時:4月16日(日) 13:30~ 
  内容:オリエンテーション
  場所:2階アトリエ

   ※4月はオリエンテーションを全体研修としています。
   ※サポーター室1をご利用の方は、美術館西側守衛室横の入口よりお入りください。
   ※アトリエご利用の方は、美術館のメインエントランスよりお入りください。
   ※美術館の駐車場ご利用の方は駐車券をお持ち下さい。
    (1回の活動につき3時間無料券をお渡しします。3時間以上の活動の場合も3時間券1枚です。※例外有り)
   ※全体研修がある月は、事前にこちらのページでお知らせします。

オリエンテーション内容 (20分~30分)

職員挨拶、サポーター自己紹介、活動の心得配布、出席簿・駐車券説明、
名札配布、活動内容案内、(リーダーを設定するグループはリーダー決め)
※オリエンテーションの参加は必須ではありません。
※グループ兼任の方は、各オリエンテーションに共通事項が含まれます。
※ご質問のあるかたは、メールまたはお電話でお問い合わせください。 
 メール:tokuda@opam.jp 電話:097-533-4500(担当:徳田)

■1期サポーターの皆さまは、サポーターズカードを3月の活動最終日または4月に担当者にご返却ください。

 

「全体研修」ミュージアムショップ解説の様子 「図書グループ」書籍ラミネートの様子
「全体研修」ミュージアムショップ解説の様子 「図書グループ」書籍ラミネートの様子
「教育普及」作業風景 「広報グループ」展覧会案内の発送作業風景
「教育普及」作業風景 「広報グループ」展覧会案内の発送作業風景
「ギャラリーグループ」展示室にて
※29年度4月より「学芸グループ」に名称変更 「館内ガイド」ギャラリーグループによるガイド活動
「ギャラリーグループ」展示室にて
※29年度4月より「学芸グループ」に名称変更
「館内ガイド」ギャラリーグループによるガイド活動
活動内容について

学芸グループ】
   美術館環境管理にかかる作業(IPM)
   館内ガイド
   ギャラリー解説
教育普及グループ】 
   ワークショップ
   顔料製作
図書グループ
   図書整理
広報グループ
   展覧会案内の発送作業
   広報資料等の整理

【サポーターの募集について】
2017新規OPAMサポーターの募集は締め切りました。
多数ご応募、ありがとうございました。

© 2015 Oita Prefecture, All rights reserved.