文字のサイズ
色変更
白
黒
青

イベント&プログラム

イベント&プログラム

印刷用ページ

I.S.O.(一楽儀光、Sachiko M、大友良英)
シアター・イン・ミュージアム スペクタクル・シアター(ライブ)
  • 開催日
    2016年4月9日(土)
  • 時間
    18:00~19:30(17:30開場)※開場時間が変更となりました。
  • 定員
    110名
  • 会場
    1階 アトリウム西側奥 ※会場が変更となりました。
  • 募集期間
    2016年3月1日(火) ~ 4月9日(土)

日没の光や外音など、変容する環境の中でサウンドスケープを描き出すI.S.O.により、OPAMに瞑想的空間が現出する。

I.S.O. photo by Sachiko M

I.S.O. photo by Sachiko M

一楽儀光
2012年長年プロとして活動してきたドラムを引退。その後tkrworks社と長年開発を進めて来た映像と音楽をリアルタイムにリミックス出来る自作楽器 「DORAnome」により活動を再開。既製の楽器ありきの音楽では無く楽器自体から自分自身の音楽専用に一から作り上げるというコンセプトにより圧倒的 な個性と唯一無似な世界観を作り上げている。近年では平面映像から3Dに移行しレーザーを使った作品を多く発表している。

Sachiko M
sinewaves、 即興演奏家、作曲家。テスト用の信号音(サインウェーブ)を使った電子楽器を演奏し世界的に活躍する即興音楽家。2003年アルスエレクトロニカ・ゴールデンニカ賞受賞。2013年NHK連続テレビ小説「あまちゃん」劇中歌の作曲に参加、「潮騒のメモリー」で第55回日本レコード大賞作曲賞受賞。2014年国際交流基金アジアセンター、ENSEMBLES ASIA "Asian Sounds Research" プロジェクトディレクターに就任。

大友良英
1959年横浜市生まれ。10代を福島市で過ごす。常に複数のバンドを率い、多くのグループやプロジェクトに参加。多種多様な作品をつくり続け、その活動範囲は世界中に及ぶ。また、映画音楽作家として、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」など、中国映画や日本映画、テレビドラマなど数多くの映像作品に関わり高い評価を得ている。 震災後は福島でプロジェクトFUKUSHIMA!を立ち上げ、また2017年の札幌国際芸術祭の芸術監督就任など、音楽におさまらない活動でも注目される。第55回日本レコード大賞作曲賞、芸術選奨文部科学大臣賞など受賞多数。

チケット
一般発売

〔前売券発売日:2016年3月5日(土)10:00~〕

当日券  3,000円  前売券 2,500円

・小学生未満は無料
・上記チケットで作品展示も併せてご覧いただけます。
・前売券はローソンチケットにて販売します。Lコード:86240
・当日券は大分県立美術館で販売します。

大分県芸術文化友の会 びび 特典

〔びび先行発売日:2016年3月1日(火)10:00~〕

KOTOBUKI:当日券 2,000円  前売券 1,500円
TAKASAGO:当日券 2,000円  前売券 1,500円
UME:当日券 2,800円 前売券  2,000円 

チケット取り扱い
・びび専用電話予約 TEL:097-533-4005
・大分県立美術館1Fインフォメーション
・iichiko総合文化センター1Fインフォメーション TEL:097-533-4006
・iichiko総合文化センター インターネット購入

注意事項

※出演者は予告なく追加・変更する可能性があります。あらかじめご了承ください。
※チケットに整理番号はございません。入場はご来場いただいた順になります。
※記載されている開演・終演時間は見込みです。あらかじめご了承ください。
※公演によっては、音、光などにおいて、一部刺激的な表現を含むことがございます。小さなお子様連れのお客様は、十分なご配慮の上ご鑑賞ください。