文字のサイズ
色変更
白
黒
青

Exhibitions

Exhibitions

印刷用ページ

年間スケジュール

貸館の展覧会はこちら

コレクション展Ⅴ「日常へのまなざし」

普段見過ごしがちな何気ない日常の光景に触発されて、創作に励んだ美術家たち。江戸期の浮世絵には、市井の人々の暮らしぶりがいきいきと描写されています。近代以降も、福田平八郎は日々の暮らしに潜む美を彩り豊かに写し出し、髙山辰雄は現代に生きる人々の姿を象徴的にとらえながら、「生きる」ことの意味を問い続けました。
今回のコレクション展Ⅴでは、日々の生活の中に息づく美を巧みにとらえた作品の数々を紹介します。

Period
2019年2月8日(金)~4月2日(火)
Venue
3階 コレクション展示室

More details

黄金とミイラが伝える 古代アンデス文明展

南米大陸の太平洋岸に展開した、時間的にも空間的にもあまりに巨大で複雑な文明の全体像を、私たちはまだほとんど知りません。時間的には先史時代から16世紀にスペイン人がインカ帝国を滅ぼすまでの約15000年間、空間的には南北4000km、標高差4500mに及ぶ広大な地域で、ナスカ、モチェ、ティワナクなど多種多様な文化が盛衰を繰り返しました。今回の特別展「古代アンデス文明展」では、いくつもの文化が連なり、影響を与え合う中で育まれた神々の神話や儀礼、神殿やピラミッドをつくり上げる優れた技術、厳しくも多彩な自然環境に適応した独自の生活様式などを、アンデス文明を代表する9つの文化と選び抜かれた約200点の貴重な資料によって明らかにします。

Period
2019年3月8日(金)~5月6日(月)
Venue
1階 展示室A

More details

2019 コレクション展Ⅰ「没後10年 岩澤重夫に捧ぐ ―自然との対話」

 日田市に生まれた日本画家・岩澤重夫(1927-2009)は、京都市立美術専門学校卒業後、京都画壇の巨匠・堂本印象に師事し、日展を主な作品発表の場として活躍しました。画業の初期より、一貫して風景画の新たな可能性を探る創作活動を続け、心に響く風景との出会いを求めて全国各地を巡りながらスケッチを重ねました。大自然の雄大な景観や、四季折々の光景をみずみずしい感覚でとらえたその作品は、今日もなお多くの人々を魅了しています。
 今回のコレクション展Ⅰでは、岩澤の没後10年を記念してその画業を振り返るとともに、所蔵品の中から様々な手法で自然をとらえた個性的な作品の数々を精選して紹介します。

Period
2019年4月5日(金)~6月4日(火)
Venue
3階 コレクション展示室

More details

竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション メトロポリタン美術館所蔵 

Japanese Bamboo Art From New York: The Abbey Collection Gifts to The Metropolitan Museum of Art

世界屈指の美の殿堂、メトロポリタン美術館。本展は、このメトロポリタン美術館で2017年から翌年にかけて開催された「日本の竹工芸:アビー・コレクション」展の世界巡回展として、高名な美術コレクター、アビー夫妻が収集した竹工芸をご紹介するものです。竹工芸で初めて人間国宝に認定された大分の生野祥雲斎の他、初代早川尚古斎、初代田辺竹雲斎、飯塚琅玕斎ら、日本の竹工芸の歴史を彩る代表的作家の名品が揃います。人間国宝6人を含む44作家による75件で構成されるアビー・コレクションは日本初公開。明治期の伝統的な花籠から現代の斬新な作品まで、竹の造形の多様な表現と可能性をお楽しみください。

Period
2019年5月18日(土)~6月30日(日)
Venue
3階 展示室B

More details

2019 コレクション展Ⅱ「エコール・ド・パリと竹」

「エコール・ド・パリ」と「竹」。
開花する個性、凝縮した技。
時空も技法も異なる二つの芸術(アート)は、パリと大分を舞台に、多くの恵まれた才能(タレント)を世に送り出しました。今回のコレクション展では、エコール・ド・パリを軸に近代絵画の優品を多数ご紹介するとともに、企画展「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション ーメトロポリタン美術館所蔵」の開催にあわせて大分の竹工芸を特集します。
1920年代のパリには、各国から芸術家たちが集い、カフェや共同アトリエで互いに剌激し合いながら制作に励みました。「エコール・ド・パリ」と呼ばれた時代のこれらの芸術家たちから、ピカソ、藤田嗣治、ローランサン、キスリングら、中心的人物たちの作品を、また、荻須高徳、東郷青児、山口長男ら、パリでの活動を礎に画風を発展させた日本人画家の作品をご紹介します。
時代を超えて、伝統を継承し、新たな価値を創造する大分の竹工芸。別府竹工芸の黎明期に深く関わった佐藤竹邑斎、竹芸を芸術の域に発展させた生野祥雲斎の他、新旧の作家の名品を一堂にご紹介します。清楚な仔まい、緻密な技、ダイナミックな編組など、ヴァリエーションに富む竹の美の豊かな広がりをご堪能ください。

Period
2019年6月7日(金)~8月6日(火) 前期:6月7日(金)~7月2日(火) 後期:7月3日(水)~8月6日(火)
Venue
大分県立美術館 3階 コレクション展示室

More details

ムーミン展 THE ART AND THE STORY

愛らしい姿とユーモアあふれる言葉で世界中のファンを魅了するムーミンとそのなかまたち。フィンランドを代表する芸術家、トーべ・ヤンソン(1914~2001年)が生みだした「ムーミン」シリーズは、小説、絵本、新聞連載コミック、アニメ、商品などさまざまなかたちで親しまれています。本展では、その多彩なアートと奥深い物語の魅力を、約500点の展示品で紹介します。ムーミンの小説、絵本の挿絵や表紙を原画やスケッチで紹介。また、イースターカード、アドベントカレンダーの原画、銀行の広告など、小説や絵本では見たことがないムーミンとそのなかまたちの多彩な表情にも出会うことができます。

Period
2019年6月29日(土) ~ 9月1日(日)
Venue
大分県立美術館 1階 展示室A

More details

第37回 髙山辰雄賞ジュニア美術展

Period
2019年8月20日(火)~8月25日(日)
Venue
3階 展示室B

More details

名探偵コナン科学捜査展

~真実への推理(アブダクション)~

本展は、名探偵コナンの世界観をベースに、科学捜査の手法を追体験しながら事件解決までのプロセスを楽しめる「体験型」の展覧会。"探偵手帳"を手に、証拠を採取する「現場検証エリア」、新たな情報を収集する「聞き込みエリア」、証拠を科学的に鑑定する「ラボエリア」を巡り、事件の真相を解明しよう!

Period
会期 2019年9月14日(土)~11月10日(日)
Venue
大分県立美術館 1階 展示室A

More details

江戸浮世絵の黄金時代 The Ukiyo-e 歌川派―豊春から国芳、広重まで

本展は、浮世絵史上、最大の画派として栄えた「歌川派」の代表的な絵師たちを特集する展覧会です。まず大きく注目するのは、歌川派の開祖として知られる歌川豊春(1735-1814)です。豊春の「浮絵」や肉筆美人画を特集し、歌川派の確かな地盤をつくった開祖・豊春を詳しく紹介します。豊春については、近代以降に着手された史資料類の研究によって、豊後臼杵(現大分県臼杵市)の出身説が提唱されました。本展では謎の多い豊春のバックグラウンドについても検証します。
開祖豊春を筆頭に、その優れた弟子として同派の中興を担った豊国(1769-1825)と豊広(1774-1830)、さらにその門下から出て傑出した才能を示し、幕末の浮世絵界をリードした国貞(1786-1865)、国芳(1798-1861)、広重(1797-1858)、また同派のライバルでもあった葛飾北斎(1760-1849)や喜多川歌麿(1753?-1806)の紹介も含め、美人画、役者絵、武者絵、風景画など、さまざまなジャンルの浮世絵を展示します。
本展において、各時期を代表する歌川派の天才・奇才の絵師たちの作品を系統的にご覧いただくことによって、現代においても、決して輝きを失わない浮世絵芸術の粋をご堪能いただきます。開祖豊春から幕末の国芳・広重まで、浮世絵界の最大画派「歌川派」の絵師たちの卓抜なデザインや華麗な色彩に注目しながら、その美的特質をじっくりご鑑賞いただきます。

Period
2019年9月20日(金)~10月27日(日) [前期]9月20~10月7日  [後期]10月8日~10月27日
Venue
大分県立美術館 3F展示室B

More details

日本の美意識

―刀剣と金工―

日本独自の技術で作られた日本刀。古来より武士の精神を象徴するものとされ、近年ではその独自の美に人気が高まっている。本展では、日本各地の名刀に加え、実用刀として高い評価を得た地元・大分の豊後刀も紹介する。あわせて鍔(つば)をはじめとする刀装具や精巧な金工品を通して、日本が誇る工芸技術の粋と伝統的な美意識に触れる機会を提供する。

Period
9月27日(金)~10月22日(火)
Venue
3階 コレクション展示室

More details

第55回記念大分県美術展

Period
2019年11月19日(火)~12月22日(日)
Venue
1階 展示室A 3階 展示室B

More details

岡本太郎展

1970年の大阪万博のシンボル《太陽の塔》で一躍脚光を浴びた岡本太郎。2025年の万博開催に向けて、今またその芸術に注目が集まっている。本展では、岡本太郎の代表的な作風の絵画や彫刻、《太陽の塔》の模型や資料の他、縄文土器との出会いを機に全国各地を取材し文化風土を捉えた写真作品も多数展示する。記録を超えた高い芸術性を持つ写真作品の中には、新たにプリントされた未発表の縄文土器の作品も含まれる予定。制作、文筆、撮影といったマルチな活動から、革命的なビジョンを鮮やかに開陳させていったアーティストの実像に迫る。

Period
12月26日~2020年1月24日
Venue
1階 展示室A

More details

建国300年 ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展

リヒテンシュタイン侯爵家は、500年以上にわたってヨーロッパ美術の名品を収集してきました。その数は3万点におよび、英国王室に次ぐ世界最大級の個人コレクションとして世界的名声を博しています。本展覧会では、北方ルネサンス、バロック、ロココ時代の絵画約65点と、ヨーロッパの王族や貴族の趣味が色濃く反映された磁器の名品などを多数展示し、優雅な宮廷文化を紹介します。

Period
2020年3月6日(金)~4月19日(日)
Venue
3階展示室B

More details

第39回 大分県ジュニアデザイン展

Period
2020年3月17日(火)~3月22日(日)
Venue
1階 展示室A

More details