文字のサイズ
色変更
白
黒
青

イベント&プログラム

イベント&プログラム

印刷用ページ

国際シンポジウム
 「異文化と出会う-クリムトの女神が宇佐八幡に来たら」
  • event date
    2015年11月1日(日)
  • holding time
    13:30~16:00
  • limit
    80名
  • Venue
    2階 研修室
  • entry fee
    無料
  • 募集期間
    2015年10月1日(木) ~ 10月27日(火)
  • 申込み方法
    参加ご希望の方は、メールまたは往復はがきでお申し込みください。

    ※申込み受付け終了

第一部:13:30~14:20(通訳あり)
「日本を愛した世紀末への誘い-ウィーンのジャポニズム」
 トーマス・トラビッチュ(オーストリア演劇博物館 館長)
 ポール・アセンバウム(美術史家、Decorative Arts Consult 代表)
 新見 隆(大分県立美術館 館長)

第二部:14:30~15:10
「聖地としての大分-古代の信仰と神仏習合」
 植島啓司(宗教人類学者)
 飯沼賢司(別府大学 教授、「神々の黄昏」展実行委員会 委員長)
 新見 隆(大分県立美術館 館長)

第三部:15:20~16:00(通訳あり)
「ヴィーナスの地大分から世界文化をみる」
 パネラー:トーマス・トラビッチュ、ポール・アセンバウム、植島啓司、飯沼賢司
 司会:新見 隆