文字のサイズ
色変更
白
黒
青

イベント&プログラム

イベント&プログラム

印刷用ページ

【満員御礼】未知っち、見ちっち vol.1 科学者と表現者
「 其の三 はるかな宇宙、彼方の私~帰りは夜空を眺めよう! 」
  • event date
    2020年11月28日(土)
  • holding time
    13:30~15:30
  • target
    中学生から一般(要事前申し込み)
  • limit
    30名
  • Venue
    大分県立美術館 2階 アトリエ、体験学習室
  • entry fee
    無料
  • 申込み方法
    講座名・コース名(複数申込可)、氏名(ふりがな)、住所、電話番号(必須)、年齢を記入の上、往復はがき、または右下の申込フォームよりお申し込みください。
    定員に達し次第、こちらのページで受付終了をお知らせします。

    ★定員に達したため、申し込みを締め切りました★

広大な宇宙。生まれては消えゆく無数の星々。世界や宇宙の構造をテーマに作品を制作している画家小川信治さんとともに、その神秘に迫ります。講師:洞口俊博(天文学・宇宙科学)× 小川信治(画家)

OPAM地域連携創造講座/特別連続ワークショップ・レクチャー 「未知っち、見ちっち vol.1 科学者と表現者」 ~科学との出会い。芸術との出会い。新しい未知との出会い。 新シリーズ「未知っち、見ちっち」の第1回は、国立科学博物館の5人の科学者と様々なジャンルの表現者によるお話会です。科学と芸術で、いったいどんな話が展開されるのかは、来てのお楽しみ。 刺激と可能性、そして好奇心旺盛な人のご参加、お待ちしています。

☆満員御礼☆定員に達したため、申し込みを締め切りました。

其の三 はるかな宇宙、彼方の私~帰りは夜空を眺めよう!
日時:11月28日(土)13:30-15:30
講師:洞口俊博(天文学・宇宙科学)× 小川信治(画家)
広大な宇宙。生まれては消えゆく無数の星々。世界や宇宙の構造をテーマに作品を制作している画家小川信治さんとともに、その神秘に迫ります。


 (profile)
洞口俊博/国立科学博物館 理工学研究部 理化学グループ 研究主幹(天文学)
高温の星をとりまくガスの性質の研究や、江戸時代から現代にいたる天文学に関する資料の調査・収集・研究、そして星の進化や天体の距離を調べるなどさまざまな教材を開発している。
 
小川信治/画家
見慣れた風景や名画などを改変して時間や空間の構造を考察し、世界の可能性を提示する作品を制作している。国立国際美術館、千葉市美術館、クラクフ現代美術館(ポーランド)などで個展を開催。OPAM教育普及のために「ダミアンのロンド」「ロンド6」を制作。

【問い合わせ先】
大分県立美術館 学芸企画課 教育普及室
tel:097-533-4502/mail:edu@opam.jp