文字のサイズ
色変更
白
黒
青

教育普及

教育普及

印刷用ページ

ワークショップ写真記録

今までのワークショップの様子を紹介します。

年度
2016年度
1 | 2 | 3 | 4 | 5

夏休み特別ワークショップ 「身体で視る展覧会」

日時 / 2016年7月18日(月・祝)

場所 / 大分県立美術館 2F アトリエ、3F コレクション展示室

作品を近寄って、離れて、横から、斜めから、下から見上げて・・・よし、作品と同じポーズをしてみよう! コレクション展示室の作品を、身体を動かしながら視るギャラリーツアーを開催しました。 A:あかちゃんといっしょコース B:おしゃべりコース C:世代越え・おとなコース 3企画の様子です。

青木野枝と“鉄”「鉄で世界をつくろう」/「つくっているものはわからないもの 」(「生への言祝ぎ」展出品作家によるワークショップ/レクチャー)

日時 / 2016年7月2日(土)3日(日)10:30~15:30 / 7月3日(日)16:00~17:30

場所 / 大分県立美術館 創作広場、2F 研修室

展覧会出品作家の青木野枝さんによるワークショップ&レクチャー。ワークショップでは鉄の溶断と溶接を繰り返しながら作品制作に取り組みました。レクチャーでは素材と技法から表現まで、ご自身の作品制作についてお話しいただきました。

2016年7月ワークショップ

日時 / 2016年7月

2016年7月に実施した、みる、つくる、かんじる「夜のおとなの金曜講座・お話から体験まで」、みる、つくる、かんじる「みんなの土曜アトリエ・体験から鑑賞まで」、どなたでもワークショップ「アトリエ・ミュージアム みんなでつくろっ!」、「公開ラボラトリー 教材ボックス、つくってます!」の4つの活動を紹介します。

藤本由紀夫の音とアート「音の不思議~美術館をオルゴールで聞く」/「HereとThere~聞くことと見ること」(「生への言祝ぎ」展出品作家によるワークショップ/レクチャー)

日時 / 2016年6月25日(土)10:30~12:30/14:00~15:30

場所 / 大分県立美術館 2F アトリエ・研修室

展覧会出品作家の藤本由紀夫さんによるワークショップ&レクチャー。ワークショップではオルゴールを手に、普段聞いている「音」をあらためて見つめなおす活動を行いました。レクチャーでは見ていることと聞いていることの違い、日常の音や生活している音、作品制作についてお話しいただきました。

2016年6月ワークショップ

日時 / 2016年6月

2016年6月に実施した、みる、つくる、かんじる「夜のおとなの金曜講座・お話から体験まで」、みる、つくる、かんじる「みんなの土曜アトリエ・体験から鑑賞まで」、どなたでもワークショップ「アトリエ・ミュージアム みんなでつくろっ!」、「公開ラボラトリー 教材ボックス、つくってます!」の4つの活動を紹介します。

1日ワークショップ「ザァーッとゴォーッと!」(「コレクションに見る日展に集う作家たち」関連イベント)

日時 / 2016年5月21日(土)10:30~16:30

場所 / 大分県立美術館 2F アトリエ・体験学習室、3F 展示室B、創作広場

参加者数 / 12名

水の表情を追いかけて岩澤重夫の作品《天響水心》を視るワークショップ。水風船で遊んだり、ビニールシートの川を作ったり、全身びしょ濡れになりながら水を体感し、みんなで大きな川も創作しました。

2016年5月ワークショップ

日時 / 2016年5月

2016年5月に実施した、みる、つくる、かんじる「夜のおとなの金曜講座・お話から体験まで」、みる、つくる、かんじる「みんなの土曜アトリエ・体験から鑑賞まで」、どなたでもワークショップ「アトリエ・ミュージアム みんなでつくろっ!」、「公開ラボラトリー 教材ボックス、つくってます!」の4つの活動を紹介します。

2016年4月ワークショップ

日時 / 2016年4月

2016年4月に実施した、みる、つくる、かんじる「夜のおとなの金曜講座・お話から体験まで」、みる、つくる、かんじる「みんなの土曜アトリエ・体験から鑑賞まで」、どなたでもワークショップ「アトリエ・ミュージアム みんなでつくろっ!」、「公開ラボラトリー 教材ボックス、つくってます!」の4つの活動を紹介します。

OPAM開館1周年記念 特別ワークショップ コレクションを視よう! 創作広場「本気でアクションペインティング」/ギャラリーツアー「ねぇねぇ、あのねぇ。」/ギャラリーツアー「頭と身体のギャラリーツアー」

日時 / 2016年4月29日(金・祝)13:00~15:00/2016年4月30日(土)10:30~12:00/2016年4月30日(土)14:00~15:30

場所 / 大分県立美術館 2F アトリエ・体験学習室、3F コレクション展示室、創作広場

OPAM開館1周年を記念して特別ワークショップを開催しました。絵具をたくさん使って大きな色画用紙に身体全体で描いた「本気でアクションペインティング」、展示室でこどもが大人を案内する「ねぇねぇ、あのねぇ。」、専門知識と感覚で作品を鑑賞する「頭と身体のギャラリーツアー」の3本立てです。

教材BOXを巡る7つのお話  其の七 教材ボックスは美術・絵具の宝箱? 講師:森田 恒之(博物学者)

日時 / 2016年3月12日(土)13:30~16:30

場所 / 大分県立美術館 2F アトリエ・体験学習室

大分の自然、風土、環境、歴史、文化を美術的視点でとらえて制作された教材ボックスは、どのような視点を誘うことが出来るのか。連続レクチャーの最終回は、客観的な視点で教材ボックスの魅力とこれからのことを、博物学者の森田氏に伺いました。