文字のサイズ
色変更
白
黒
青

Exhibitions

Exhibitions

印刷用ページ

コレクションに見る
日展に集う作家たち

明治40(1907)年に創設された文部省美術展覧会(文展)をその始まりとする日展は、百年を超える歴史の中で多くの才能あふれる作家を世に送り出し、常にわが国美術界をリードしてきた総合美術展です。大分県からも数多くの美術家がここを舞台に活躍し、確かな足跡を残してきました。
本展では、日本画の岩澤重夫、正井和行、洋画の江藤純平、江藤哲、中山忠彦、陶芸の河合誓徳ら、日展の中枢を担った実力派の作家たちを中心にピックアップし、磨き抜かれた技と感性に裏付けられた、世界性に富んだ作品群を紹介します。

associated event